正直にいきる


人生は何事をもなさぬにはあまりに長いが何事かをなすにはあまりに短い(中島敦 山月記)

夢を持って生きろと言う人がいる。何事かを成し遂げることは素晴らしいことだ。ただその夢のために、さらには夢を持たないといけないという観念のために苦しんでいる人もいる。

夢を持とうが持たまいが、何事かを成し遂げようが成し遂げまいが、どちらでもいいじゃないか。自分が本当に望んでいることは何なのかを明確にして、それに正直に生きることが重要だと思う。
人生は短い。環境や人のせいにして不平不満を言っている場合ではない。

自分が死んだ時のことを想像して欲しい。お葬式する?しない?誰に来てもらいたい?来てもらいたくない?悲しんでもらいたい?懐かしんでもらいたい?笑っておくられたい?そっとしていてほしい?
そこから遡って考えれば、今の生き方が自ずと決まってくる。